毛皮にはいくつ種類があるのか?

毛皮の種類を知りましょう

毛皮の種類は大きく分けてリアルファーとフェイクファーがあって、一般的に毛皮というのはリアルファーのことをいいます。そして一口に毛皮といっても種類が多く、一般的に流通しているものとして「フォックス」「ラビット」「ラム」「ミンク」「チンチラ」などがあります。それぞれ特徴があるので知っておくと購入する際に便利ですし、価格にも違いが出てきます。
また種類だけではなくランクによっても価値や価格が変わってきますので、求める際にはしっかりと見極めることが重要です。もっともポピュラーでリーズナブルなうさぎの毛皮でも、白うさぎやチンチラ、ゴマ、黒うさぎなどがあって、最高級と言われているのが「レッキスラビット」と言われるものになっています。

高値で売るために必要なこと

毛皮の特徴は見た目の美しさだけではなく、防寒性にもあって、一般的に冬に着られるウールよりもずっと保温効果が高くなっています。そのために昔から必要に応じて使われてきたのですが、昨今は防寒着というよりも冬場のおしゃれアイテムとして活用されることが多くなっているのです。
しかし毛皮を求めるために乱獲されて、今は一部の狩猟が禁じられているので必然的に高値がついてしまいます。それでも求める人は多くいて、そのためリサイクル業者が活発に動いています。自分の持っている毛皮の種類を知ることによって価値が分かりますので、もしも必要ない場合は査定して買い取ってもらってもよく、まずは自分の持っている毛皮の価値を知ることが大切です。