毛皮とは何か?

毛皮とはどんな製品を指すのか

毛皮というと、毛が用いられている皮製品ならば、すべてそう呼ばれることがありますが、通常毛皮製品の中に、人工的なポリエステルなどで作られた商品はカテゴリーに入れられることはありません。
このため毛皮製品というのは、生きている動物から作られたものが絶対条件となります。毛皮となる動物で一番良く知られているのは、タヌキやキツネなのですが、狩猟の副産物として作られた、シカやトナカイなどの毛皮も人気のある毛皮製品の一つです。毛皮製品というのはいろいろな衣類やアクセサリーに使われており、コートのファーなどの素材に使われているケースもあれば、コート全体やバッグ全体の材料として毛皮が使われていることがあり、いろいろなシーンで活躍しています。

毛皮は副産物か主産物かによっても価値が違う

毛皮というと、小動物などの場合には、毛皮の採取のためだけに使われることとなるので、値段も高くなっていますが、食肉に使われる動物や、食肉として狩猟された動物から採取された副産物の毛皮の場合、安い値段で売られていることも多くあります。
もちろん副産物の中でも高いものはありますが、全体的に値段は安い場合がほとんどです。毛皮の価値は、その動物が小動物であるか、あるいは天然の動物であるか否かも重要なキーワードとなり、これらを満たすものの場合には最高級の価値がつけられます。キツネやイタチの中でもとりわけ、手触りの良い種類の動物の毛皮は、高級商品として扱われることが多くあり、この場合にはほとんどが主産物のため高くなっています。